下村ひとえ・小松正子さん | ダイビングライセンス(Cカード)取得者の声 | ライセンスの取得はザ ダイブファクトリー

 

(社)全国旅行業協会正会員 東京都知事登録旅行業第2-6320号

当店は、PADI5スターインストラクター・ディベロップメントセンター(5スターIDセンター)に認定されています
  • オープンウォーター認定総数
    6,237
  • Cカード発行総数
    22,462
2014年度
PADI最優秀賞受賞 488店のNo.1
営業時間 : 12:00〜21:00
毎月第一月曜日定休

ダイビングライセンス(Cカード)取得者の声

予感は的中です!

OWD 2011/11/20 取得
下村ひとえ・小松正子さん
ダイビングを始めたキッカケはなんですか?
名取:まず、お二人の関係を教えて下さい。

二人:高校の時の同級生です。

小松さん:部活が一緒でした。ソフトボール部で同じ寮に住んでて同じ釜の飯を食べた仲です。ご飯も一緒、お風呂も一緒、寝るのも一緒。

名取:仲いいですね。

二人 仲いいです!!(笑)

名取:では友達歴は何年ですか?あ、これ聞いちゃうと年齢がバレちゃうからやめましょうか?

下村さん:20年くらいにしときます。

小松さん:そうだね、ざっくり20年。

名取:ダイビングを始めたきっかけは?

小松さん:ワタシが誘いました。誘ったらすぐに乗って来ました。ひとえちゃんが

下村さん:釣りが大好きだったので、船に乗ることは多かったんですが、海の中はどうなっているのかなって興味がありました。

名取:小松さんのキッカケは?

小松さん:ワタシはタイのプーケットで体験ダイビングをした時にすごい怖い思いをしてその時は絶対にやらないと思ったんですけど、すごく綺麗だったのでまた潜りたいなと思って。
本気で始めようと決めたのは2011年の5月でした。
自分でも不思議な位にあっさりと『ここに決めた!』と即決しました。
なぜ当店で始めたのですか?
小松さん:Cカードを持っている友人は皆沖縄や海外のリゾートで短期で取得していて私も『そのパターンで取得しよう』と、色々ネット検索をして時間をかけて探しましたが、直感的に『ピン!』とくるものを感じる事が出来ませんでした。
あぁだこぅだとしてるうちに夏休みの時期が過ぎてしまい、リゾートでの取得は諦めて都内のショップで取ろうかなって。それでネットは勿論、今度は色々と電話をしてパンフレットを取り寄せ、本格的にショップ選びを開始しました。リゾートであんなにどこのショップにするのを決めかねていたくせに、自分でも不思議な位にあっさりと『ここに決めた!』と即決しました。

名取:それは何故ですか?

小松さん:まずは電話対応の良さ。それから、パンフレットに同封されていた直筆のお手紙。他店でも色々とパンフレット以外にも工夫を凝らした資料やDVDを送ってくれましたが・・・私的に手書きのお手紙にノックアウトでした。『きっと、ひとりひとりに丁寧な指導をしてくださるお店なんだろう!』と確信しました。

名取:なるほど〜 
今でもあのギュッって握ってくれた手の感触は忘れません。
講習はいかがでしたか?
小松さん:予感は的中です!私もひとえちゃんも泳ぎが得意ではなく・・・。
プール講習は通常一日で終わるのにも関わらず、私たちは三回もプール講習させて貰いました。自動車教習所だったら当たり前の様に追加料金発生するはずが・・・。
そ の時のプール講習のイントラさんが『安心して海に送り出せるまで、プールは何回でもやりますよ。私も何度でも、納得行くまで付き合います!』って力強く 言ってくれました。

で、やっとの思いで海洋実習を11月に向かえ、いざ海へと言う時は私も勿論、ひとえちゃんもガチガチで・・・。
担当のマイさん(名取)に二人共しがみ付く感じでした。いい大人が2人してしがみ付いていたなんて今思うと恥ずかしい・・。
しかしながら、マイさんは力強く私達をリードしてくれました。今でもあのギュッって握ってくれた手の感触は忘れません。

海洋実習が全て終了し、海から上がって来る時にはスタッフ皆さんが温かくビーチで出向かえてくれました。
あの時の『おめでとう!』が物凄く嬉く、昨日の事の様に思いだします。
海の中で楽しいと思った瞬間は?
下村さん:とっても素敵なお魚がいたとき。今日はね、イラを見ました ハハハ
あと、ミノカサゴを見たとき。釣りをしている時にカサゴを釣るとすごく嬉しくて。海の中ではどういうふうに動いてるんだろうって興味がありました。

名取:小松さんは?

小松さん:一瞬でも中性浮力がとれた時です。

名取:どんな気分ですか?

小松さん:空を飛んでる感じがして。

名取:あ〜いいですね!
同じ世界を見ながら、感動出来る友達ができるって、素晴らしい事ですね!!
今後の目標は?
小松:ワタシは8月に小笠原に行くので皆さんの足を引っ張らないように上手くなりたいですね。
思うようになかなか上手くなれない自分にヤキモキしますけど、でも今スッゴク楽しいです。スタッフの皆さんのご指導の下、どんどん成長して、オープンの時の私達とは見違えるまでに必ずなります。

下村:目標というより海に来るために、一生懸命仕事して日々働いていい生活をしたいなと思います。ご褒美として海に潜りたいですね。
今では、自分のペースで焦らずゆっくり、ダイビングを続けていきたいなと思えるようになりました。
安心してお付き合いできると思えるスタッフさんに出会えて、良かった!!そんなスタッフさんに支えていただきながら、まだみた事のない素敵な海に潜ってみたいなと思っています。 同じ世界を見ながら、感動出来る友達ができるって、素晴らしい事ですね!!

名取:それはとても大切なことですよね。それでは今後もよろしくお願いいたします。
スタッフから一言
お二人に出会ったのは海洋実習当日でした。
今でも昨日の事のように覚えています。(初日は土砂降りでしたね、台風みたいに夜までず〜っとやみませんでした。。。)
同じソフトボール部員ということもあり、それだけで一気に近づけた感じがしました!

海の中は、初めは緊張していましたが本数を増すほど肩の力が抜けてきましたね。
最近は中性浮力と自由潜降が上手にできるようになった小松さん、水中で歌も歌っちゃうぐらい余裕の下村さん。
これから、小笠原や三宅島ドルフィンツアーに行ったりと楽しさが増えますね♪
そして、2人仲良くどんどん楽しみながら潜れる海を増やしていきましょうね。お供します。
ダイビングに関するご相談・お問い合わせは、こちらよりお気軽に

お電話による窓口はこちら

0120-193-032

営業時間 : 12:00〜21:00
毎月第一月曜日定休

お問い合わせ・お申し込みフォーム

お問い合せ
お申し込み


ンペ
実施中