REDレスキュー・ダイバーコース | コース案内

 

(社)全国旅行業協会正会員 東京都知事登録旅行業第2-6320号

当店は、PADI5スターインストラクター・ディベロップメントセンター(5スターIDセンター)に認定されています
  • オープンウォーター認定総数
    6,084
  • Cカード発行総数
    22,035
2014年度
PADI最優秀賞受賞 488店のNo.1
営業時間 : 12:00〜21:00
毎月第一月曜日定休

REDレスキュー・ダイバーコース

メイン
PADI レスキュー・ダイバーコース

REDPADI

すべてのダイバーが身につけておきたい

60,000
  • レスキュー・ダイバー取得コース

講習料・教材費・申請費

REDとは

RED(レスキュー・ダイバーコース)は、水中で起こる様々なトラブルやアクシデントへの対応力を養うコースです。水中ではほんの些細な出来事が大きな事故に繋がります。水面で水を飲んで慌ててしまう、器材を落とす、器材がひっかかるなど、落ち着いて対処すれば解決出来るトラブルがパニックに繋がりがちです。 

こうしたアクシデントに対処できるスキルと知識を備え、トラブルを未然に防ぐ能力を身につけ、さらに万が一の事故の際の救命方法までを学ぶのが、レスキュー・ダイバーコースです。

実際の講習では、疲労したダイバーや負傷したダイバーの救助方法、水面アシストの方法、陸上での搬送方法、応急処置、救急の場合の速やかな通報の仕方、水中捜索方法など、現実に役立つ知識をトータルに学びます。

このコースを受講することにより、安全意識、他のダイバーを気遣う意識が高まるのはもちろん、ダイバーとして大きな自信をつけることができるでしょう。すべてのダイバーに受講していただきたいコースです。

こんなお悩みをお持ちの方にRED取得をおすすめします!

自分自身の安全レベルを上げたい
レスキュー・ダイバーコースは多くの方が「他人を救助する」事に注目されることが多いのですが、実はその他に主にセルフレスキュー(自分の身は自分で守る)の方法を学ぶコースなのです。
コース修了時には視野が広くなり、ダイビングに対する正しい心構え、基本ダイビングスキルの向上を得ることができます。
水面・水中で起こる様々なトラブルやアクシデントへの対応力が養われ、余裕をもってより安全なダイビングが楽しめるようになります。
負傷したダイバーの救助や、事故時の救命方法を身につけたい
RED(レスキュー・ダイバーコース)では、まず自分自身の安全性を高め、セルフレスキューの技術と、バディの安全なダイビングをサポートする技術を身につけ、万一の事故に遭遇した時に適切な処置が出来る為の能力が身につきます。レスキューコースを終えた多くのお客様が「急に周りが見える様になった!」と好評のコースです。

RED レスキューダイバー・概要

RED レスキュー・ダイバーコース
60,000
RED
レスキュー・ダイバーコース
講習料・教材費・申請費

料金に含まれるもの

海洋実習(5セッション)
交通費/集合場所から実施地までの交通費
その他/ダイビング保険

受講前条件

PADIアドベンチャー・ダイバー以上、
または同等の他団体Cカード取得者、
かつEFR修了者

学科テスト

自宅学習のみ海洋実習初日の夜に学科テスト

海洋実習(2日間 )

1日目(限定水域実習)
01. セルフレスキュー
02. 疲労ダイバー
03. パニックダイバー
04. シナリオ練習
05. 浜、ボート、桟橋からの対応(反応があるダイバー)
06. シナリオ練習
07. 水中でトラブルに遭遇しているダイバー
08. 行方不明ダイバー
09. シナリオ練習
10. 反応がないダイバーを浮上させる
11. 水面で反応がないダイバー
12. シナリオ練習
13. 反応がないダイバーのエキジット
14. 圧力に関連する事故のファーストエイドと酸素吸入
15. 浜やボートからの対応(反応のないダイバー)
16. シナリオ練習
17. 海洋実習のシナリオの実施
2日目
01. 水中の意識不明ダイバー
いなくなったダイバーを捜索し発見する。コントロールしたプラス浮力を使って、意識不明のフリをしているダイバーを水面まで引き上げる。


02. 水面の意識不明ダイバー
意識不明で呼吸が停止しているダイバーに対応する。評価し、運び、水面で人工呼吸を行い、器材を取り外しエキジットし、CPRを行う。

RED レスキューダイバー取得までの流れ

お申し込み

説明会は毎日、随時開催お気軽にご来店ください。
コース料金のお支払いをお願いします。PADIの教材セットをお渡しします。

自宅学習

DVDと教科書で、基礎知識を身につけよう。
ご自宅でPADI教材セットを使い自習をお願いします。まずDVDをご覧になり、教科書のナレッジリビューに挑戦してください。

海洋実習(1日目)限定水域実習

まずは自分で自分の管理が出来るようセルフレスキュー、トラブル予防法、見方・事故の対処の練習を行います。自分の安全を自分で守れるようになると自然と自信もついてきます。
ダイビングにとってストレスなく潜れる事がまず1番の安全です。

海洋実習(2日間)シナリオ練習

レスキューコースの「シナリオ練習」では、実際に事故の現場をシュミレーションする事で、もしもの事故に遭遇した時も落ち着いて適切な行動がとれるようダイバーとしての知識を身につけます。

認定

レスキューダイバー認定おめでとう!!
次はダイブマスターを目指そう!
 

REDレスキュー・ダイバーコース・ツアー開催日程

REDレスキュー・ダイバーコース参加者の声

これまでのどの趣味よりも熱中できる

  • 2012年9月 オープンウォーター取得  2013年4月 アドベンチャーダイバー取得
  • 2013年8月 EFR取得 2013年12月 レスキューダイバー取得
  • 2014年1月 MSD取得 2015年3月 ダイブマスター取得
  • 2015年6月 インストラクター取得
松村 孝之さん
ダイビングを始めて良かった事を教えて下さい。
一番良かったことは、ダイビングを共通の趣味として分かち合える仲間が増えたことです。それも、年齢や職業も様々な方々ばかり。

一人で参加しても目的が同じ仲間と楽しく話をしたり、情報共有できたりと、毎回参加する度に新たな発見や経験を得ることが出来ています。また、ダイビングを始め、多くの人との出会いで自分自身の人生の幅が広がりました。

恐らくダイビングは、私の人生のターニングポイントになったのかもしれませんね!

今後は、自分のダイビングスキルを高めながら、数多くの海に潜り、たくさんの人に海の魅力を伝えてもいければいいなと思っています☆

世界観が変わった。

  • 2008年4月 オープンウォーター取得
  • 2008年6月 マーメイドSP取得
  • 2008年8月 アドヴァンスド・オープンウォーター取得
  • 2009年2月 EFR取得
  • 2009年6月 レスキューダイバー/MSD取得
相良 秀夫さん
ダイビングを初めて良かったことは何ですか?
ダイビングの楽しみは、出来なかったことができるようになった時の喜び、見たことがない水中生物に出会えること、その水中生物をカメラで撮ること、またその名前を調べること等、楽しみ方もいろいろです。

老若男女、職業や役職、ダイビングの上手い下手に関係なく、また、若い方とも対等にお話しできるし、ツアーに行けば楽しい仲間とお酒を飲みかわし、色々なジャンルの方々とお話しするのも楽しい事です。夜空が綺麗に見られるのもツアーならではの楽しみ、何しろダイビングを始めると自分の世界観が変わりダイビングは奥が深くやめられません。

テクニカルダイビングに挑戦したい!

  • 2012年9月 オープンウォーター取得 2012年10月 マーメイドSP取得
  • 2012年12月 アドベンチャーダイバー取得 2013年4月 アドヴァンスドO/W取得
  • 2013年10月 EFR取得 2013年12月 レスキューダイバー取得
  • 2013年12月 MSD取得 2015年3月 ダイブマスター取得
  • 2015年6月 インストラクター取得
矢島 佳代子さん
今後の計画を教えてください。
テクニカルダイビングに挑戦してみたいですね。レクリエーションの領域を越えた世界を見てみたいです。光の届かない洞窟や大深度だったり。より冒険に近いダイビングをしてみたいですね。浪漫でしょう?(笑)

あとはインストラクターに合格出来たのでガイドもやってみたいですね。ノンビリしたやつ、何やろうかなぁって考えるだけでもワクワクしちゃう。
伊豆もいいけど海外もいいな、とか(笑)やってみたいことが沢山あるんです。だから自分でも今後どんなスタイルを選んで行くのか楽しみなんですよ。

いつかはセノーテ!!
透明度すごいんですもん。
絶対行きたい!!

  • 2011年11月 オープンウォーター取得 2011年マーメイドSP取得
  • 2012年6月 アドヴァンスドオープンウォーター取得 2014年2月 EFR取得
  • 2014年3月 レスキューダイバー・MSD取得
  • 2015年5月 ダイブマスター取得 2016年3月 インストラクター取得
船山 純子さん
ダイビングを始めたきっかけは?
船山さん:もともと海に潜ってみたりするのが好きだったんです。海に行くたびにスノーケリングはやっていたんです。
潜ってすぐ浮いちゃうから。

平井:スノーケルは息が続く限りですもんね。


船山さん:私はとまって色々見たかったんですよ。ダイビングがやりたったんです。これがきっかけですね。
そこに先輩(笛木雅人さん)がたまたまいて、ダイビングに興味があるんですよねって話をしたら、やってみなよって紹介されたんです。

平井:それだけやる気があったのに、やっぱりやめよっかなぁとかっていっていませんでした?

船山さん:そうですね〜。ぶっちゃけお金がなかったんですよね。

平井:そっかぁ。でも今はがっつり潜っていますよね?

船山さん:そうなんです。今は払ってもいいかなぁと思うくらい楽しいんです。

道井師匠のもと、ここまできたら
トコトンやってみたい

  • 2006年7月 オープンウォーター取得 2006年8月 マーメイドSP取得
  • 2006年10月 アドヴァンスドO/W取得 2007年11月 EFR取得
  • 2008年5月 レスキューダイバー/MSD取得 
  • 2009年6月 ダイブマスター取得
  • 2010年7月 インストラクター取得
渡邉 明日香さん

REDレスキュー・ダイバーコース・担当インストラクター

REDレスキュー・ダイバーコース
お問い合わせ・お申込は以下のフォームかお電話で!

印のついた項目は必須項目です。

氏名
郵便番号 (半角数字)
※郵便番号を入力すると都道府県と住所の一部が自動入力されます。
ご住所

例:東京都三鷹市井口3-6-16
電話番号 (半角数字)
メールアドレス (半角英数字)
例:info@tdivefct.co.jp
ご希望ツアー
お問い合わせ内容
ダイビングに関するご相談・お問い合わせは、こちらよりお気軽に

お電話による窓口はこちら

0120-193-032

営業時間 : 12:00〜21:00
毎月第一月曜日定休

お問い合わせ・お申し込みフォーム

お問い合せ
お申し込み