IDC インストラクター開発コース | コース案内

(社)全国旅行業協会正会員 
東京都知事登録旅行業第2-6320号

IDC

IDC

LESSON INFORMATION

IDC インストラクター
開発コース

ダイビング中の事故や怪我に備えた救急法を教える立場に

[講習費]¥ 242,000(税込)
PADIインストラクター開発コース
教材・実習費・申請費(別途)

IDCとは

IDCとは

IDCインストラクター開発コースは、アシスタント・インストラクター(AI)コースと、オープン・ウォーター・スクーバ・インストラクター(OWSI)プログラムの2つから構成されているコースで、 OWSIは、ダイビングのプロフェッショナルが最初に取得するPADIインストラクター資格です。
このコースでは、ダイビングのプロフェッショナルとしての経験を得るだけでなく、ダイバー・インストラクターの最初のステップとして今まで学んだ知識やスキルをベースに、必要な知識や技術の能力開発を重点的に学んでいくコースです。
コースを修了すると、体験ダイビングからダイブマスターまでのPADIプログラムを実施することができると同時に、スクーバ・ダイビングを教える責任を担います。

こんなお悩みをお持ちの方に
インストラクター開発コース
取得をおすすめします!
ダイビングの楽しさを伝えたいと気持ちをもっている方
ダイビングの楽しさを伝えたい気持ちがあるならば、あなたはインストラクターに向いています。インストラクターになることで、プロフェッショナルとしての経験やスキルの向上だけでなく、ダイビングの楽しさを多くの方々に伝えてもらいたいと思います。
IDC インストラクター
開発コース・概要
[講習費]¥ 242,000(税込)
IDCインストラクター開発コース
教材・実習費・申請費(別途)
料金
料金に含まれるもの
・学科講習費用
・プール講習費用
・海洋講習費用
※シリンダー代は実習日につき1本/1日となります。
追加で必要な場合は¥2,200別途かかります。
料金に含まれないもの
・教材代
・IDC登録料(IDCが修了したことをPADIへ登録する費用)
・IE受講料 (インストラクター試験費用)
申込時に必要なもの
コース代・教材代のお支払い
PADI病歴/診断書
※上記書類は予約の際、郵送致します。
所有しているCカードすべての両面コピー
過去2年以内にCPRとファーストエイドを受けた事の証明
証明写真2枚(3×4cm)
60ダイブ以上記録されているログブック
コース参加の条件
PADIダイブマスター、または他の指導団体でリーダシップ・レベルとして認定されていること。
18歳以上であること。
ログに記載されているダイブ経験本数が60本以上であること。
1認定ダイバーになってから6カ月以上経っていること。
過去2年以内にCPRとファースト・エイドのトレーニングを受けていること。
IDCインストラクター
開発コース・講習内容
知識開発
コースオリエンテーション
学習とインストラクション、PADIシステム
一般基準と手続き
リスク・マネージメント
ダイビングのマーケティング
スタート・ダイビング
PADIスペシャルティ・ダイバー・コースを教える
限定水域での講習
オープン・ウォーター・トレーニング・ダイブの実施 
ビジネス・オブ・ダイビング
キープ・ダイビング
RDPの教え方
カリキュラム
知識開発プレゼンテーション
一般基準と手続き
リスク・マネージメント
オープン・ウォーター・ダイバー・コース
アドベンチャー・イン・ダイビング・プログラム
アドベンチャー・ダイブ・ワークショップ
レスキュー・ダイバー・コース
レスキュー練習ワークショップ
ダイブマスター・コース
ディスカバー・スクーバ・ダイビング・ワークショップ
評価
理論エグザム(5科目の全てで75%以上の正解)
知識開発プレゼンテーション1・2・3(クラスルーム)
限定水域プレゼンテーション1・2・3・4(プール)
オープン・ウォーター講習プレゼンテーション1・2(海洋)
20スキル評価(プール)
応用実習
4つのEのカウンセリングワークショップ1・2(クラスルーム)
800mスノーケルスイム

IDC インストラクター
開発コース・ツアー開催日程

IDCインストラクター開発コース
参加者の声

  • IDCインストラクター開発コース 参加者の声 小宮山 円さん
    ダイビングやっててよかったなと心の底から思いました。
    小宮山 円さん
    2013年1月 リフレッシュコース受講・TDF新年会ツアー参加
    2013年5月 アドベンチャーダイバー取得
    2014年4月 EFR取得
    2014年6月 アドバンスドO/W・レスキューダイバー・MSD取得
    2015年5月 ダイブマスター取得
    2016年3月 インストラクター(OWSI)取得
  • Qリフレッシュコースを受講したキッカケは?
    大石:小宮山さんはリフレッシュコースから当店を知ったと思いますが、いまやインストラクターにまで上り詰めてスキルアップしました。
    なぜ当店でリフレッシュコースを受けようと思ったのですか?


    ライセンスはもともと持っていてがしばらく潜っていなかったのですが、夏にビーチリゾートでダイビングをやりたいと思ったのがきっかけです。
    でも潜るには時間が経ちすぎてて、不安だなと思ったのでどこか練習できるところがないかな?と探していたら、ザ ダイブファクトリーのリフレッシュコースを見つけました。

    ーー最初リフレッシュコースに来てもらって、翌週の新年会ツアーに無理に誘ったのを今でも覚えてます。
    その時初めて当店のツアーに参加した率直な感想を教えて下さい。


    そもそも、まず冬に日本で潜れることを知らなかったので、潜れるよ、来週ツアーあるよと聞いて、だったら行きますと言ったのが  参加したきっかけです。

    行ったら最初は一人だったので、ひとりぼっちだったらどうしようとちょっと不安はありました。
    でも、たくさんいるお客さんやスタッフ、みんなが声をかけてやさしくしてくれたし、友達がいっぱい出来て、そこからどんどん・・・そのツアー最初の不安なんか忘れちゃうくらい楽しかったのを覚えています。
  • IDCインストラクター開発コース 参加者の声 重光 康宏さん
    今は人生の主軸です。
    重光 康宏さん
    2013年7月 オープンウォーター取得
    2013年8月 マーメイドSP取得
    2014年3月 アドベンチャーダイバー・アドバンスドOW取得
    2014年5月 EFR取得
    2014年8月 レスキューダイバー・MSD取得
    2017年4月 ダイブマスター取得
  • 終わってみたら最高です。やってよかったって思います。
    Qプロコースにチャレンジしてみて

    ーー今、何年目でしたっけ??

    3年?もうすぐ4年です

    ーー4年で何本ですか?

    今200本くらい。

    ーーそのなかでダイブマスターもやって

    そうですね、はい。

    ーーダイブマスター、プロコースはどうでした? なんでやろうと思ったんですか?

    そうですね、すごくダイビングを好きになってきたので、自分のスキルアップのために色々やっていくなかでプロコースというのがでてきまして。
    実はダイビングを始めてわりと最初の頃にちょっとやめそうになったときがあって(笑)なかなか上手に潜れなくて、自信がなくしてた時があったんです。

    でも先輩ダイバーのおっちゃん二人が一緒に潜ってくれたときに、すごくたくさんアドバイスもらって、一緒にゆっくり潜ってくれたりとか、そのときのことがすごい忘れられなくて。
    仲間の、仲間っていうか先輩に助けられてより楽しみが深まったりとかそういうのも多いので、自分も余裕を持ってダイビングできれば、一緒に潜ったメンバーとかにアドバイスもできるし、よりみんなが楽しく潜れるじゃないですか。
    その為に勉強するのも悪くないなって。

    ーーで、プロコースを実際やってみて?

    だいぶ大変でヒーヒーいいながらやりました。
    でも仲間とインストラクターの方々にアドバイスいただいたおかげで、なんとか終わりました。

    ーープロコース中に一回心折れましたよね?

    そうですね、一回おれかけて、おれかけましたけど・・・(笑)

    ーーそのときに一緒にやってたメンバーと・・・

    そう、一緒にやってたメンバーと直接いろいろ話したりLINEしたりそういうので結束が深まりましたね。
    あとはすでにダイブマスターを持ってる先輩ダイバーとか、イントラとかいろんな人に「もうだめなんすよ」って甘えたりしてアドバイスもらって。やるっきゃないなと。

    とてもいい時間になりましたし、自分のダイビングを見直す機会にもなったし、より好きになりました。

    ーー大変だった?楽しかった?

    終わってみたら最高です。やってよかったって思います。

    ーー達成感は?

    達成感は、社会人になって、こういう仕事以外で人生が変わるくらいの達成感っていうんですか?一人になったときでも「よっしゃっ」て言っちゃうくらいのは初めての感覚でした。

    ーーいい刺激になってますね。

    なってますね。

    ーーダイビングもプロにになったら色々な場所にいけるようなりますね。

    そうですね、また幅も広がると思いますし、やりたいことも増えてきますよね。
  • IDCインストラクター開発コース 参加者の声 松村 孝之さん
    これまでのどの趣味よりも熱中できる
    松村 孝之さん
    • 2012年9月 オープンウォーター取得  2013年4月 アドベンチャーダイバー取得
    • 2013年8月 EFR取得 2013年12月 レスキューダイバー取得
    • 2014年1月 MSD取得 2015年3月 ダイブマスター取得
    • 2015年6月 インストラクター取得
  • Qダイビングを始めて良かった事を教えて下さい。
    一番良かったことは、ダイビングを共通の趣味として分かち合える仲間が増えたことです。それも、年齢や職業も様々な方々ばかり。

    一人で参加しても目的が同じ仲間と楽しく話をしたり、情報共有できたりと、毎回参加する度に新たな発見や経験を得ることが出来ています。また、ダイビングを始め、多くの人との出会いで自分自身の人生の幅が広がりました。

    恐らくダイビングは、私の人生のターニングポイントになったのかもしれませんね!

    今後は、自分のダイビングスキルを高めながら、数多くの海に潜り、たくさんの人に海の魅力を伝えてもいければいいなと思っています☆
  • IDCインストラクター開発コース 参加者の声 高橋 恵美子さん
    水中動画をみて衝撃を受けた。
    高橋 恵美子さん
    • 2013年10月 オープンウォーター取得
    • 2013年12月 マーメイドSP取得
    • 2014年1月 アドベンチャーダイバー取得
    • 2015年8月 EFR取得
    • 2015年9月 レスキューダイバー・MSD取得
  • Qダイビングを始めたキッカケは?
    代わり映えしない毎日を変えたいと思っていた頃に、友人から水中動画をみせてもらったのがきっかけです。

    その時の衝撃は今でも覚えています。水中でもこんなにはっきりと色鮮やかなに見えるなんて、、この世界を知らないままでは勿体無い!

    実際に始めてみると予想以上の事ばかりでした。行く度に表情を変え、いつも「初めて」を見せてくれる海や水中生物。性別や年齢、職業を超えた沢山の人との出逢い。

    こんな貴重な経験を通して知る新しい自分。数多くの魅力がダイビングにはありました。行ってみたい海はまだまだあります。そこでどんな出逢いが待っているのか今後がとても楽しみです。
  • IDCインストラクター開発コース 参加者の声 矢島 佳代子さん
    テクニカルダイビングに挑戦したい!
    矢島 佳代子さん
    • 2012年9月 オープンウォーター取得 2012年10月 マーメイドSP取得
    • 2012年12月 アドベンチャーダイバー取得 2013年4月 アドヴァンスドO/W取得
    • 2013年10月 EFR取得 2013年12月 レスキューダイバー取得
    • 2013年12月 MSD取得 2015年3月 ダイブマスター取得
    • 2015年6月 インストラクター取得
  • Q今後の計画を教えてください。
    テクニカルダイビングに挑戦してみたいですね。レクリエーションの領域を越えた世界を見てみたいです。光の届かない洞窟や大深度だったり。より冒険に近いダイビングをしてみたいですね。浪漫でしょう?(笑)

    あとはインストラクターに合格出来たのでガイドもやってみたいですね。ノンビリしたやつ、何やろうかなぁって考えるだけでもワクワクしちゃう。
    伊豆もいいけど海外もいいな、とか(笑)やってみたいことが沢山あるんです。だから自分でも今後どんなスタイルを選んで行くのか楽しみなんですよ。
  • IDCインストラクター開発コース 参加者の声 船山 純子さん
    いつかはセノーテ!!
    透明度すごいんですもん。
    絶対行きたい!!
    船山 純子さん
    • 2011年11月 オープンウォーター取得 2011年マーメイドSP取得
    • 2012年6月 アドヴァンスドオープンウォーター取得 2014年2月 EFR取得
    • 2014年3月 レスキューダイバー・MSD取得
    • 2015年5月 ダイブマスター取得 2016年3月 インストラクター取得
  • Qダイビングを始めたきっかけは?
    船山さん:もともと海に潜ってみたりするのが好きだったんです。海に行くたびにスノーケリングはやっていたんです。
    潜ってすぐ浮いちゃうから。

    平井:スノーケルは息が続く限りですもんね。


    船山さん:私はとまって色々見たかったんですよ。ダイビングがやりたったんです。これがきっかけですね。
    そこに先輩(笛木雅人さん)がたまたまいて、ダイビングに興味があるんですよねって話をしたら、やってみなよって紹介されたんです。

    平井:それだけやる気があったのに、やっぱりやめよっかなぁとかっていっていませんでした?

    船山さん:そうですね〜。ぶっちゃけお金がなかったんですよね。

    平井:そっかぁ。でも今はがっつり潜っていますよね?

    船山さん:そうなんです。今は払ってもいいかなぁと思うくらい楽しいんです。
ザ ダイブファクトリーの
特長と実績
特長
01

2023年度
「MSD賞」「カスタマーサポート賞」を受賞し、「17年連続」
表彰を頂きました。

2022年度「優秀賞」を受賞し、「16年連続」表彰を頂きました。2022年度「優秀賞」を受賞し、「16年連続」表彰を頂きました。

当店は2023年、PADIダイブセンター登録31周年を迎えました。
PADIでは、全国約500の登録店を対象に、各種PADIプログラムの開催で前年特に活躍したショップへの表彰制度があります。
当店では、2014年の全国最優秀賞をはじめ、優秀賞、カスタマーサービス賞、功労賞、特別賞、MSD賞、EFR賞と2007年から17年連続受賞しております。

また、PADI調べによると単店舗でのCカード発行枚数は、
関東圏でNo.1と評価を頂きました。

このような賞がいただけたのも、ライセンスを取得された方々が、取得後も意欲的にダイビングの楽しさを追求していただいた証だと思っております。
ザ ダイブファクトリーでは、この賞に甘んじず、2024年も引き続き、安全で安心、親切丁寧はもちろんの事、様々な楽しみを提供出来るよう、スタッフ一同力を合わせてお店作りやツアー運営をしていきたいと思っております。

特長
02

ダイビング旅行
専門店として

ツアーもたくさんあり友達が増える!

当店は「旅行会社」でもあります。伊豆、房総などへの日帰りツアーから、伊豆七島や沖縄サイパン、モルディブまで国内外のあらゆるツアーの手配、送迎、引率を安心してお任せください。

(社)全国旅行業協会正会員:東京都知事登録旅行業第 2-6320号

特長
03

徹底した少人数制

徹底した少人数制

学科講習は1対1から、プール講習は最大2名まで。
海洋実習は最大4名までと少人数制でコースを実施することにより、質が高く安全性を重視したコースを開催しております。

特長
04

21時までの営業だから
仕事帰りでも通える!
器材もレンタルで手ぶらで
ダイビングできます

21時までの営業だから仕事帰りでも通える!器材もレンタルで手ぶらでダイビングできます

平日・祝日共に12-21時までの営業となっておりますので、お仕事帰りなどでもお気軽にご予約の上でプール講習や学科講習をご受講いただけます。
また体験ダイビングも夕方からのお申し込みにもご対応させていただいておりますので、お仕事がえりに手ぶらで体験ダイビングを行っていただけます。

特長
05

安全への取り組み

ダイビング専用温水プール完備

「リスクのないスポーツやアクティビティはひとつも無い」といっても過言ではありませんが、海という大自然の中で行うスキューバダイビングは、急激な気象変化などによるトラブルに巻き込まれる可能性もありますし、水中という環境のもとでは、ほんの少しのヒューマンエラーが生じただけでも命に関わる事故に繋がりかねません。

安全に、そしてダイビングが楽しいものであるように、まずはインストラクターは指導力を向上するための努力を惜しまないこと、また、定期的に緊急対処訓練を行い、万が一の事態に備えることをお約束します。

特長
06

何度でも練習ができる
自社温水プール完備
海洋実習後に
マンツーマンで
復習プールを無料開催

ツアーもたくさんあり友達が増える!

都内の多くのダイビングショップでは、プール施設を備えていないため車で外部のレンタルプールまで移動し、時間借りしていることが多いようです。
当店は専用の温水プールを完備しているため、ライセンスコースはじっくり講習することができ、土日・平日問わず、毎日開催しているので様々な職業の方がご参加されています。
また、海洋実習後のマンツーマン復習プールを無料で開催しているのは当店ならではのサービスです。
海洋実習後にもう一度プールで復習することでより効果的にダイビングスキルを身に付けることができるので、当店では復習プールまでをオープンウォーターダイバーコースと考えております。
平日仕事終わりにもご参加いただけます。

特長
07

ダイビングライセンス
取得後の国内外で
リゾートダイビングが
出来ます!

ダイビングライセンス取得後の国内外でリゾートダイビングが出来ます!

ダイビングライセンス取得後、国内外のリゾートダイビングをご案内出来ます!
日帰りでも楽しめる伊豆、城ヶ崎でのダイビングに加え、マリアナブルーと呼ばれ、どこまでも青い海が魅力のサイパン、世界屈指のサンゴ礁でのダイビングが週末だけでも気軽に楽しめる沖縄と、ダイバーになったら必ず訪れたいリゾートに直営店を展開しています。
各店ともに伊豆での経験も豊富なインストラクターが赴任しており、ダイビングを始めたばかりのダイバーでも安心して楽しんでいただけます。

また、当店は「旅行会社」でもあります。伊豆、房総などへの日帰りツアーから、伊豆七島や沖縄、サイパン、モルディブなど国内外のあらゆるツアーの手配、送迎、引率を安心してお任せください。

(社)全国旅行業協会正会員:東京都知事登録旅行業第2-6320号

特長
08

お客様のリピート率73%で
安心です

ツアーもたくさんあり友達が増える!

ダイビングライセンス取得後に73%のお客様がツアーやステップアップコースを受講。このお客様の定着率が信頼の証です。ダイビングは比較的にダイビングライセンスを取得したダイビングショップと長いお付き合いをされる方が多い傾向にあります。
是非、私たちインストラクターの顔を見に[体験ダイビング]からでもご参加下さい!ライセンスは持っているけど、ブランクがあって不安という方は「思い出しダイビングコース」や「ブランクダイバーツアー」からご参加ください!

特長
09

女性インストラクターの
選択も可能です

女性インストラクターの選択も可能です

女性のお客様で、女性インストラクターの方が安心!
などのご希望がございましたら事前にご要望をいただけましたら男性・女性インストラクターの選択も可能です。

特長
10

海洋実習や
ダイビングツアーは
送迎付きです

ツアーもたくさんあり友達が増える!

ライセンスコース海洋実習や、取得後のツアーへの参加の際は、東京駅、横浜駅などの主要駅にお迎えにまいります。重い荷物を持って現地集合する必要はありません。
詳しくは、「ダイビングツアー集合・解散場所一覧」をご覧下さい。

特長
11

ダイビング専用
温水プール完備

ダイビング専用温水プール完備

お申し込みは、1都4県(神奈川、千葉、埼玉、茨城)のフィットネスクラブからでも可能です!細かなご相談やご質問はお問い合わせフォームまたは、フリーダイアル 0120-193-032まで
お問い合わせフォームから
お電話から
LINEから
提携店検索はこちらから

ダイビングライセンス(Cカード)取得・
お問い合わせ・お申込は以下のフォームかお電話で!

 

印のついた項目は必須項目です。

氏名
郵便番号 (半角数字)
※郵便番号を入力すると都道府県と住所の一部が自動入力されます。
ご住所

例:東京都三鷹市井口3-6-16
電話番号 (半角数字)
メールアドレス (半角英数字)
例:info@tdivefct.co.jp
お問い合わせ内容
  1. ダイビングスクール HOME
  2. コース案内
  3. プロコース
  4. IDC インストラクター開発コース

RESORT SHOP INFORMATION リゾート地の店舗紹介

OW認定総数

0

Cカード発行枚数

0

AMタグ