EFRIエマージェンシー・ファースト・レスポンス・インストラクター | コース案内

 

(社)全国旅行業協会正会員 東京都知事登録旅行業第2-6320号

当店は、PADI5スターインストラクター・ディベロップメントセンター(5スターIDセンター)に認定されています
  • オープンウォーター認定総数
    6,647
  • Cカード発行総数
    24,541
2014年度
PADI最優秀賞受賞 488店のNo.1
営業時間 : 12:00〜21:00
毎月第一月曜定休
  1. ダイビングスクール東京|ダイビングライセンス取得
  2. コース案内
  3. プロを目指したい方のコース
  4. EFRIエマージェンシー・ファースト・レスポンス・インストラクター

EFRIエマージェンシー・ファースト・レスポンス・インストラクター

メイン
PADIエマージェンシー・ファースト・レスポンス・インストラクター

EFRIPADI

ダイビング中の事故や怪我に備えた救急法を教える立場に

[講習費]
65000
  • EFRI エマージェンシー・ファースト・レスポンス・インストラクター

教材・申請費(別途)

EFRI エマージェンシー・ファースト・レスポンス・インストラクターとは

EFRインストラクターはPADIインストラクターになるために欠かせない条件の一つです。

ダイビング中の事故や怪我に備えた救急法(EFR)を教える立場になることで、自分自身のスキルをより深い段階まで突き詰めることができるほか、EFRインストラクターとして認定活動を行うことでキャリアアップに繋がります。

このコースでは、エマージェンシー・ファースト・レスポンス一次ケアと二次ケアと子供のケアの提供者としてのスキルに磨きをかけ、事前の学習、クラスセッション、課題を教育する練習などで、エマージェンシー・ファースト・レスポンス・プログラムを指導することを習得していきます。

コースを修了すると、エマージェンシー・ファースト・レスポンスの一次ケア二次ケア、子供のためのケア、CPR&AEDコースを開催できるようになります。

こんなお悩みをお持ちの方にEFRI取得をおすすめします!

ダイビングの事故や怪我に対する救急法を広めたいという気持ちをもっている方
EFRインストラクターコースは自分自身の救急法の知識やスキルを向上させると共に、人に救急法を「教える」事を目的としています。多くの方がダイビングを安全に楽しめるように、是非取得を目指してください。

EFRエマージェンシー・ファースト・レスポンス・インストラクター概要

EFRIエマージェンシー・ファースト・レスポンス・インストラクター
[講習費]
EFRI
エマージェンシー・ファースト・レスポンス・インストラクター
教材・申請費(別途)

料金に含まれるもの

講習費 /知識開発 45,000円(税別)
教材費 /マニュアル・DVD・エグザム 17,210円(税別)
申請料/PADI登録申請料 7,200円(税別)
-----------------   
69,410円(税別)

申込時に必要なもの

コース代・教材代のお支払い

コース参加の条件

18歳以上であること
過去24カ月以内に、EFR一次および
二次ケア・トレーニングまたは参加受入資格を満たすトレーニング)を修了していること 。

資格取得でできること

エマージェンシー・ファースト・レスポンスの一次ケア二次ケア、
子供のためのケア(CFC)、CPR&AEDコースを開催することができるようになります。
EFRインストラクターは、オープンウォータースクーバ・インストラクター登録に必ず必要な資格です。

EFRIエマージェンシー・ファースト・レスポンス・インストラクター・講習内容

講習内容

事前学習用ナレッジ・リビューを終了する。
必須であるエマージェンシー・ファースト・レスポンスインストラクター・コース・プレゼンテーションの8つすべてに参加する。
エマージェンシー・ファースト・レスポンス一次ケア(CPR)、二次ケア(ファースト・エイド)、またはCPR & AEDコースのスキルを、少なくとも2種類教える。
「子供のためのケア」コース(CFC)のスキルを少なくとも1種類教える。
プレゼンテーション中に、候補生は問題点や非効果的なテクニックを指摘し、肯定的な指導方法から少なくとも2種類の方法を使って、問題点や非効果的なテクニックを適切に正す指導をする。
エマージェンシー・ファースト・レスポンス「一次二次ケア」コースのスキル全15種類(必修とオプション)について、模範的なテクニックをデモンストレーションする。
「子供のためのケア」スキルでテクニックをデモンストレーションする。
エマージェンシー・ファースト・レスポンス・インストラクター・エグザムを終了し、75%以上の得点を取得する。

EFRIエマージェンシー・ファースト・レスポンス・インストラクター参加者の声

ダイビングやっててよかったなと心の底から思いました。

2013年1月 リフレッシュコース受講・TDF新年会ツアー参加
2013年5月 アドベンチャーダイバー取得
2014年4月 EFR取得
2014年6月 アドバンスドO/W・レスキューダイバー・MSD取得
2015年5月 ダイブマスター取得
2016年3月 インストラクター(OWSI)取得
小宮山 円さん
リフレッシュコースを受講したキッカケは?
大石:小宮山さんはリフレッシュコースから当店を知ったと思いますが、いまやインストラクターにまで上り詰めてスキルアップしました。
なぜ当店でリフレッシュコースを受けようと思ったのですか?


ライセンスはもともと持っていてがしばらく潜っていなかったのですが、夏にビーチリゾートでダイビングをやりたいと思ったのがきっかけです。
でも潜るには時間が経ちすぎてて、不安だなと思ったのでどこか練習できるところがないかな?と探していたら、ザ ダイブファクトリーのリフレッシュコースを見つけました。

ーー最初リフレッシュコースに来てもらって、翌週の新年会ツアーに無理に誘ったのを今でも覚えてます。
その時初めて当店のツアーに参加した率直な感想を教えて下さい。


そもそも、まず冬に日本で潜れることを知らなかったので、潜れるよ、来週ツアーあるよと聞いて、だったら行きますと言ったのが  参加したきっかけです。

行ったら最初は一人だったので、ひとりぼっちだったらどうしようとちょっと不安はありました。
でも、たくさんいるお客さんやスタッフ、みんなが声をかけてやさしくしてくれたし、友達がいっぱい出来て、そこからどんどん・・・そのツアー最初の不安なんか忘れちゃうくらい楽しかったのを覚えています。

今は人生の主軸です。

2013年7月 オープンウォーター取得
2013年8月 マーメイドSP取得
2014年3月 アドベンチャーダイバー・アドバンスドOW取得
2014年5月 EFR取得
2014年8月 レスキューダイバー・MSD取得
2017年4月 ダイブマスター取得
重光 康宏さん
終わってみたら最高です。やってよかったって思います。
プロコースにチャレンジしてみて

ーー今、何年目でしたっけ??

3年?もうすぐ4年です

ーー4年で何本ですか?

今200本くらい。

ーーそのなかでダイブマスターもやって

そうですね、はい。

ーーダイブマスター、プロコースはどうでした? なんでやろうと思ったんですか?

そうですね、すごくダイビングを好きになってきたので、自分のスキルアップのために色々やっていくなかでプロコースというのがでてきまして。
実はダイビングを始めてわりと最初の頃にちょっとやめそうになったときがあって(笑)なかなか上手に潜れなくて、自信がなくしてた時があったんです。

でも先輩ダイバーのおっちゃん二人が一緒に潜ってくれたときに、すごくたくさんアドバイスもらって、一緒にゆっくり潜ってくれたりとか、そのときのことがすごい忘れられなくて。
仲間の、仲間っていうか先輩に助けられてより楽しみが深まったりとかそういうのも多いので、自分も余裕を持ってダイビングできれば、一緒に潜ったメンバーとかにアドバイスもできるし、よりみんなが楽しく潜れるじゃないですか。
その為に勉強するのも悪くないなって。

ーーで、プロコースを実際やってみて?

だいぶ大変でヒーヒーいいながらやりました。
でも仲間とインストラクターの方々にアドバイスいただいたおかげで、なんとか終わりました。

ーープロコース中に一回心折れましたよね?

そうですね、一回おれかけて、おれかけましたけど・・・(笑)

ーーそのときに一緒にやってたメンバーと・・・

そう、一緒にやってたメンバーと直接いろいろ話したりLINEしたりそういうので結束が深まりましたね。
あとはすでにダイブマスターを持ってる先輩ダイバーとか、イントラとかいろんな人に「もうだめなんすよ」って甘えたりしてアドバイスもらって。やるっきゃないなと。

とてもいい時間になりましたし、自分のダイビングを見直す機会にもなったし、より好きになりました。

ーー大変だった?楽しかった?

終わってみたら最高です。やってよかったって思います。

ーー達成感は?

達成感は、社会人になって、こういう仕事以外で人生が変わるくらいの達成感っていうんですか?一人になったときでも「よっしゃっ」て言っちゃうくらいのは初めての感覚でした。

ーーいい刺激になってますね。

なってますね。

ーーダイビングもプロにになったら色々な場所にいけるようなりますね。

そうですね、また幅も広がると思いますし、やりたいことも増えてきますよね。

これまでのどの趣味よりも熱中できる

  • 2012年9月 オープンウォーター取得  2013年4月 アドベンチャーダイバー取得
  • 2013年8月 EFR取得 2013年12月 レスキューダイバー取得
  • 2014年1月 MSD取得 2015年3月 ダイブマスター取得
  • 2015年6月 インストラクター取得
松村 孝之さん
ダイビングを始めて良かった事を教えて下さい。
一番良かったことは、ダイビングを共通の趣味として分かち合える仲間が増えたことです。それも、年齢や職業も様々な方々ばかり。

一人で参加しても目的が同じ仲間と楽しく話をしたり、情報共有できたりと、毎回参加する度に新たな発見や経験を得ることが出来ています。また、ダイビングを始め、多くの人との出会いで自分自身の人生の幅が広がりました。

恐らくダイビングは、私の人生のターニングポイントになったのかもしれませんね!

今後は、自分のダイビングスキルを高めながら、数多くの海に潜り、たくさんの人に海の魅力を伝えてもいければいいなと思っています☆

いつかはセノーテ!!
透明度すごいんですもん。
絶対行きたい!!

  • 2011年11月 オープンウォーター取得 2011年マーメイドSP取得
  • 2012年6月 アドヴァンスドオープンウォーター取得 2014年2月 EFR取得
  • 2014年3月 レスキューダイバー・MSD取得
  • 2015年5月 ダイブマスター取得 2016年3月 インストラクター取得
船山 純子さん
ダイビングを始めたきっかけは?
船山さん:もともと海に潜ってみたりするのが好きだったんです。海に行くたびにスノーケリングはやっていたんです。
潜ってすぐ浮いちゃうから。

平井:スノーケルは息が続く限りですもんね。


船山さん:私はとまって色々見たかったんですよ。ダイビングがやりたったんです。これがきっかけですね。
そこに先輩(笛木雅人さん)がたまたまいて、ダイビングに興味があるんですよねって話をしたら、やってみなよって紹介されたんです。

平井:それだけやる気があったのに、やっぱりやめよっかなぁとかっていっていませんでした?

船山さん:そうですね〜。ぶっちゃけお金がなかったんですよね。

平井:そっかぁ。でも今はがっつり潜っていますよね?

船山さん:そうなんです。今は払ってもいいかなぁと思うくらい楽しいんです。

EFRIエマージェンシー・ファースト・レスポンス・インストラクター・担当インストラクター

EFRエマージェンシー・ファースト・レスポンス
お問い合わせ・お申込は以下のフォームかお電話で!

印のついた項目は必須項目です。

氏名
郵便番号 (半角数字)
※郵便番号を入力すると都道府県と住所の一部が自動入力されます。
ご住所

例:東京都三鷹市井口3-6-16
電話番号 (半角数字)
メールアドレス (半角英数字)
例:info@tdivefct.co.jp
お問い合わせ内容
ダイビングに関するご相談・お問い合わせは、こちらよりお気軽に

お電話による窓口はこちら

0120-193-032

営業時間 : 12:00〜21:00
毎月第一月曜定休

お問い合わせ・お申し込みフォーム

LINEでダイビング情報を配信

リゾート地の店舗紹介
  • 沖縄のダイビングショップ SFD 沖縄
  • サイパンのダイビングショップ SFD サイパン
  • パラオのダイビングショップ SFD パラオ
お問い合せ
・お申し込み
でお問い合せ