EFRエマージェンシー・ファースト・レスポンス | コース案内

 

(社)全国旅行業協会正会員 東京都知事登録旅行業第2-6320号

当店は、PADI5スターインストラクター・ディベロップメントセンター(5スターIDセンター)に認定されています
  • オープンウォーター認定総数
    6,084
  • Cカード発行総数
    22,035
2014年度
PADI最優秀賞受賞 488店のNo.1
営業時間 : 12:00〜21:00
毎月第一月曜日定休

EFRエマージェンシー・ファースト・レスポンス

メイン
PADIエマージェンシー・ファースト・レスポンス

EFRPADI

ダイビング中の事故や怪我に備えた救急法を学ぶ

65000
  • EFR エマージェンシー・ファースト・レスポンス

EFR エマージェンシー・ファースト・レスポンスとは

あなたにとって大事な人が怪我をしてしまった場合を想像してみてください。

救急車を呼んだとしても、すぐには到着しません。このときに適切な応急処置を行うことで、患者の助かる見込みが大きく変化するといわれています。

ダイビング中だけでなく、日常生活でも事故や怪我がいつ発生するかわかりません。その万が一のときに備えて、救急処置を学ぶことはとても重要です。

エマージェンシー・ファースト・レスポンスは、心停止など生命にかかわる緊急時のケア(一次ケア)と、即座に生命にかかわらないケガや病気のケア(二次ケア)について学ぶプログラムです。知識やスキルを身につけるだけでなく、現実的なシナリオ練習を通して、日常での緊急時における実践的な対処法を学びます。

こんなお悩みをお持ちの方にEFR取得をおすすめします!

ダイビング中に事故があったら、と不安に思う方に。
万が一の事故が発生した場合でも、適切な処置法を学ぶことで落ち着いて対処することができます。
日常生活でももちろん活用できます。ダイバーなら、是非身につけておきたい知識・スキルです

EFRエマージェンシー・ファースト・レスポンス・概要

EFRエマージェンシー・ファースト・レスポンス
EFR
エマージェンシー・ファースト・レスポンス

料金に含まれるもの

講習費 /知識開発 20,000円(税込)
教材費 /PADI各種マニュアル ----------------- ※教材費込みのコースです。
申請料/PADI登録申請料 -----------------
その他/ダイビング保険 -----------------
20,000円(税込)

再受講の場合

講習費 /知識開発 15,000円(税別)※2年以内の再受講 12,000円(税別)
教材費 /PADI各種マニュアル 1,900円(税別)※最新版をお持ちの方は不要です。
申請料/PADI登録申請料 -----------------
その他/ダイビング保険 -----------------

申込時に必要なもの

コース代・教材代のお支払い

コース参加の条件

ノンダイバーからOK

資格取得でできること

海だけででなく、日常の生活でも、役に立つ重要な知識が身に付きます。
万が一の際に「まず何をすればよいか?」が身につき、躊躇することなく手がさしのべられるようになります。
CPR(心肺蘇生法)や応急手当が身につき、緊急時に迅速で最善の行動がとれるようになります。

EFRエマージェンシー・ファースト・レスポンス・講習内容

ご自宅で予習・お店で復習

PADIダイバーコースと同様に、マイペースで自宅学習ができます。

お店での現実的なシナリオ練習(約5時間)

1次ケア:CPR(心肺蘇生法)
人形を使って、しっかり学びます。
2次ケア:ファーストエイド(ケガと病気の応急処置)
 

EFRエマージェンシー・ファースト・レスポンス・ツアー開催日程

EFRエマージェンシー・ファースト・レスポンス参加者の声

いつかはセノーテ!!
透明度すごいんですもん。
絶対行きたい!!

  • 2011年11月 オープンウォーター取得 2011年マーメイドSP取得
  • 2012年6月 アドヴァンスドオープンウォーター取得 2014年2月 EFR取得
  • 2014年3月 レスキューダイバー・MSD取得
  • 2015年5月 ダイブマスター取得 2016年3月 インストラクター取得
船山 純子さん
ダイビングを始めたきっかけは?
船山さん:もともと海に潜ってみたりするのが好きだったんです。海に行くたびにスノーケリングはやっていたんです。
潜ってすぐ浮いちゃうから。

平井:スノーケルは息が続く限りですもんね。


船山さん:私はとまって色々見たかったんですよ。ダイビングがやりたったんです。これがきっかけですね。
そこに先輩(笛木雅人さん)がたまたまいて、ダイビングに興味があるんですよねって話をしたら、やってみなよって紹介されたんです。

平井:それだけやる気があったのに、やっぱりやめよっかなぁとかっていっていませんでした?

船山さん:そうですね〜。ぶっちゃけお金がなかったんですよね。

平井:そっかぁ。でも今はがっつり潜っていますよね?

船山さん:そうなんです。今は払ってもいいかなぁと思うくらい楽しいんです。

スポーツジムでの体験ダイビングが
運命的な出会いでした。

OWD 2011/8/14 取得
羽島周作・北村昌也さん
ダイビングを始めたキッカケは?
北村さん:20年以上前の新婚旅行で初めて体験ダイビングをやったんですけど、その時は頭が痛くなって自分はダイビングに向かないと思っていたんです。
でも2010年に、(通っている)スポーツクラブで体験ダイビングができるってことで、久しぶりにやってみようと思って。
それでやった時に、プールが浅かったためもあると思うんですけど、頭が痛くならなかったので。
それに担当してくれた(インストラクターの)ツバキさんが「お上手ですね」って。そうなのかなって思って。

名取:うまかったんですね。それはきっと(笑)
羽島さんは?


羽島さん:通っているスポーツジムでパッと(ダイビングの)ポスターが目について体験ダイビングをやってみたのが運命的な出会いでした。
とても楽しかったです。

名取:ふたりともプールからのスタートなんですね。
二人はもともとお友達だったんですか?


北村さん:いやいや、たまたまオープンウォーターの海洋実習で一緒で。

名取:なるほど、それで仲良くなったというわけですね。

予感は的中です!

OWD 2011/11/20 取得
下村ひとえ・小松正子さん
自分でも不思議な位にあっさりと『ここに決めた!』と即決しました。
なぜ当店で始めたのですか?
小松さん:Cカードを持っている友人は皆沖縄や海外のリゾートで短期で取得していて私も『そのパターンで取得しよう』と、色々ネット検索をして時間をかけて探しましたが、直感的に『ピン!』とくるものを感じる事が出来ませんでした。
あぁだこぅだとしてるうちに夏休みの時期が過ぎてしまい、リゾートでの取得は諦めて都内のショップで取ろうかなって。それでネットは勿論、今度は色々と電話をしてパンフレットを取り寄せ、本格的にショップ選びを開始しました。リゾートであんなにどこのショップにするのを決めかねていたくせに、自分でも不思議な位にあっさりと『ここに決めた!』と即決しました。

名取:それは何故ですか?

小松さん:まずは電話対応の良さ。それから、パンフレットに同封されていた直筆のお手紙。他店でも色々とパンフレット以外にも工夫を凝らした資料やDVDを送ってくれましたが・・・私的に手書きのお手紙にノックアウトでした。『きっと、ひとりひとりに丁寧な指導をしてくださるお店なんだろう!』と確信しました。

名取:なるほど〜 

二人で一緒に始めてみたいという気持ちがずっとありました。

OWD 2009/10/11 MMD 2009/11/15 AOW 2010/8/29
榎本修久・祐子 夫妻さん
お友達に海の中ってどうなの?って聞かれるんです。
今後の目標は?
修久さん:ズバリMSD

名取:なぜですか

修久さん:スキルアップしてなれたらいろいろなSPをとって成長できたらいいなって思います。

裕子さん:ワタシはカメラ。お友達に海の中ってどうなの?って聞かれるんです。

名取:言葉で伝えるのは難しいですもんね。写真で見せたほうが。。。

裕子さん:そう、お友達に見せるためにも、ちょっとやってみたいな。ただワタシ陸でも写真ダメだからどうかなって。

名取:結局のぶさんが撮ってそうですよね。フフフッ

裕子さん:でも写真撮っておけば思い出も残るし。

名取:知らない魚がいても写真に取っとけば覚えれますもんね。

名取:今後潜ってみたい場所はどこですか?

裕子さん:ワタシはモルディブに戻ってみたい。ちょっと上手になって潜ってみたらどうゆう風に見えるのかなって。

名取:ダイビングを始めるキッカケになったモルディブですね

修久さん:私は沖縄に行ってみたい

名取:なぜ沖縄ですか?

修久さん:モルディブに旅行に行ったときに日本人の女性に、「今までに潜ったところで、どこが一番綺麗ですか」って聞いたら、モルディブよりも慶良間だって。

裕子さん:みんな沖縄って言うんだよね

名取:外人の人も沖縄に来るくらい人気は高いですね。ではこれから、夫婦でモルディブに行って、沖縄にも行ってってことですね。

裕子さん:だからお金大変なんだね

名取:頑張って仕事してください。ハハハハッ

EFRエマージェンシー・ファースト・レスポンス・担当インストラクター

EFRエマージェンシー・ファースト・レスポンス
お問い合わせ・お申込は以下のフォームかお電話で!

印のついた項目は必須項目です。

氏名
郵便番号 (半角数字)
※郵便番号を入力すると都道府県と住所の一部が自動入力されます。
ご住所

例:東京都三鷹市井口3-6-16
電話番号 (半角数字)
メールアドレス (半角英数字)
例:info@tdivefct.co.jp
ご希望ツアー
お問い合わせ内容
ダイビングに関するご相談・お問い合わせは、こちらよりお気軽に

お電話による窓口はこちら

0120-193-032

営業時間 : 12:00〜21:00
毎月第一月曜日定休

お問い合わせ・お申し込みフォーム

お問い合せ
お申し込み