東京のダイビングスクールでダイビングライセンスを

200610/20

透明度 回復に向かう!!  担当カズ

  • [ 更新日 ]10月20日 18時21分
  • [ 日直 ]
  • [ 水温 ]22,1度
  • [ 透明度 ]11m〜15m
晴れ

「ヨコバマ」でのブリーフィング風景  「おっ、ちゃんと仕事してるじゃん」(キャサリン談)

恒例のエントリー前にパシャっ。 「透明度どうかなぁ〜」(かずよし心の声)

昨日僕は見れなかった「ワニゴチおじさん」です。アップでしつれ〜い

透明度も回復しだして、水の色が青くなってきました。

やってきました「水中ギャング軍団」

昨日に引き続き「富戸 ヨコバマ」を潜ってきました!!
今日は昨日よりダイバーが多めで賑やかでしたよ。

本日は2名のゲストと、キャサリン倉重さんと4名でのダイビングです。
波は少しありましたが、問題の透明度は・・・?
「回復してまっせ〜!!」 ←またまた何故か関西弁

エントリーしてみると少し白にごりっぽさはありますが
まずまずの透明度。10mはありましたね。
昨日のゲスト「海猿くん」が、「みたよ〜」って言っていた
ワニゴチがデ〜ンと居座っております。
その少し先には昨日の「カミソリウオ」(今日は剃り残し無いかな?)
と懐かしのご対面。(昨日ぶり・・・。)
その先には大きめの「ホウボウ」がセカセカと胸鰭で歩いています。

右の根に戻り大きなカサゴを撮ろうとしたとき
ゲストの「きんぐ君」の自前デジカメのレンズが曇っています。
「も・もしや」
上がった後、ハウジングを見てみると、水滴が無数に・・・。
でもご安心を。
このカメラは3m防水昨日がついているので本体は問題なし!!
でも、怖いから2本目には置いていきました。

2本目はテトラコースです。
昨日よりも数を増した「イサキ」の稚魚が
大軍団で群れています。
すごい数なので、みとれているとササーっともの凄い勢いで
大移動です。捕食のシーンが見れると思いしばらくジーっとしていると
やってきました!!「水中ギャング軍団です」
「イサキ」を食べに「ワラサ」が8匹囲い込みに入りました。
「おおーっ!!すげ〜!!」迫力が凄いです。
でも素早いので、下からのアングルしか撮れませんでした・・・。

このまま透明度がいつもの「秋の海」に戻ってくれるといいのですが。
自然相手の遊びなので、祈る事しか出来ません。
黒潮よ、
「帰ってこぉーいよ〜」(都 はるみ風にね。)
投稿者
メール
URL
コメント
送信確認

※承認制のため、投稿ボタンを押してすぐに表示はされません。

10 Oct
2006
sun mon tue wed thu fri sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
過去アーカイブ