東京のダイビングスクールでダイビングライセンスを

200606/08

アオリイカ探し中!!   担当 カズ

  • [ 更新日 ]06月08日 18時37分
  • [ 日直 ]
  • [ 水温 ]19,1度
  • [ 透明度 ]0m〜5m

富戸 ヨコバマ  朝は波も穏やかだったのになぁ〜

急に真っ暗になり始めました。 11:50頃なのに・・・。

産卵床に到着です。あれっ?イカは?

堂々たる受賞作品。デーン!!

お店に見に来てくださいね。

今日は僕の大好きな富戸 ヨコバマに行ってきました。
朝からすっきりしないお天気でしたが、時より(ホントにちょっと)薄日も
さし、海も穏やか。

「今日は今が旬のアオリイカの産卵を狙いましょう!!」
アオリイカはこの時期、水中のやわらかいものに卵を産み付けます。
伊豆のダイビングポイントではダイバーが産卵している瞬間を観察しやすい
ように杉や桧などの腐りにくい木を沈めます。
自然界では、やわらかい海草などに産み付けます。
卵を産み付ける為の物を産卵床(さんらんしょう)と呼びます。
ちなみに産卵ショーではありません・・・。

早速1本目エントリーしましょう!!
「○☆×♪〜□※ ヴぇ」・・・。と・透明度が3Mぐらい。
でも負けません。ロープをしっかり握って潜降です。
「ドライの空気、しっかり抜いて下さいね〜」

伊豆のレギュラー陣のお魚達が元気に泳いでいます。
エントリー口には小さなクロホシイシモチが群れていて、それを狙って
ミノカサゴ達が集まっています。少し様子をうかがっていると「パクッ」と
獲物を見事にしとめました。海の中は大自然。弱肉強食の世界ですね。
右の根沿いににアオリイカの産卵床を探します。
ここの海は相変わらず魚の数が多いです。魚を横目に産卵床を探します。
が、しかし行けども行けども産卵床がありません。
去年はここら辺にあったのに何故か今日はありません。
1本目は諦めました・・・。

休憩をしていると、急に暗くなり始めポツポツと雨が降り始めました。
そうです。東海地方は今日梅雨入りしました。
梅雨入りの雨の降り始めを見たのは初めてかもしれませんね。
貴重な体験が出来ました。

早速2本目行きますよ〜!!「曇り止めしましたか〜?」
今度は左の根沿いに進みます。
「あ、あった!!」
今度は難なく産卵床がありました。
アオリイカの産卵を見るときは、どんなに中性浮力に自信があっても
必ずマイナス浮力で水底を這って進んでくださいね。
中層から観察しようとすると神経質になっている親アオリイカは
ぴゅ〜っと逃げてしまいます。
待つこと5分。
残念ながら今日はアオリイカに出会えませんでした。
今週末に期待しましょう!!

今日は、城ヶ崎店に飾ってある、倉重さんが前にフォトコンテストで受賞した
アオリイカの写真を掲載します。
写真をカメラで撮影したので僕の影が映っています。
心霊写真ではありませんのでご安心を。

※ 嬉しいお知らせ
富戸と八幡野の潜水可能時間が変更になりました。
9月15日までは、
最終エントリー 15:30
最終エキジット 16:30
まで延長となりますので、1日3ダイブも時間的に余裕を持って楽しめますので
3ダイブ目のご予約もお待ちしております!!
投稿者
メール
URL
コメント
送信確認

※承認制のため、投稿ボタンを押してすぐに表示はされません。

06 Jun
2006
sun mon tue wed thu fri sat
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
過去アーカイブ